新潟県魚沼市の酒屋”実屋商店”、沢山のお酒の銘柄を取り揃えております。

豆ちしき|実屋商店

もっとおいしいお燗酒

日本酒は冷やしても常温でも、また温めてもおいしく飲める、
世界でも珍しい種類のお酒です。
中でも温める飲み方は、まさに日本の風土に生まれ、
日本の食文化とともに育まれた独特の様式です。
お燗の習慣は、江戸時代中期以降一般的になり今日まで続いています。

お燗はからだを温める効果のほか、味わいをまろやかにします。
さらには、料理の味を引き立て、食事をいっそう楽しくします。

お燗の温度と種類

お燗のおいしさは、お酒の種類によって適正温度があり、その温度で決まります。
飲まれる方の好みもあるので一概には言えませんが、
「人肌燗」から「上燗(45~50℃)」がおいしいと言われています。
熱すぎるお燗は、味と香りのバランスを崩してしまうのでご注意下さい。
また、湯煎の温度が低い(50℃くらい)と時間も掛かり、
香りも飛び、味もぼやけた感じになるので、80℃くらいでの湯煎がおすすめです。

  温度 香り・味わいの特徴 お酒の種類
熱燗(あつかん) 50~55℃ 香りがシャープになる。
切れ味の良い辛口になる。
本醸造
上燗(じょうかん) 45~50℃ 香りがきりっと締まる。
柔らかさと締まりがでる。
純米
本醸造
ぬる燗(ぬるかん) 40~45℃ 香りが大きくなる。
ふくらみのある味わい。
吟醸
純米
本醸造
人肌燗
(ひとはだかん)
35~40℃ 香りが引き立ってくる。
さらさらとした味わい。
大吟醸
吟醸
純米
本醸造
飛び切り燗 55℃以上 香りが強まり辛口になる。 お好みで
日向燗 30℃くらい 少し香りが立ってくる。
なめらかになる。
お好みで

日本酒の由来

日本酒はいつ頃からあったのでしょうか。
はじまりは弥生時代以降とされています。中国の古文書には、
紀元前の時代よりあったという記述も残されており、
葬式の儀式に飲むという習慣があったとされています。

現存する文書のうち、日本にお酒があったということが判断できるものは、
およそ西暦900年代(10世紀頃)に作られたものがあります。
お酒の生成は米から作られていたということです。
ただ、最初は世の中に普及していなかったので、
庶民が娯楽として楽しんで口にするような代物ではありませんでした。
用途の中心はやはり儀式的なものに使われていたようです。

日本酒の歴史

時代は移り、室町幕府になると酒造が推し進められる様になり、
やがて15~16世紀頃には酒造技術も発達し、三段仕込みや、
火入れなどの特徴的な酒造技術も確立されていたようです。
しかしまだこの時も庶民の娯楽ではなく、
神仏に供えたりするための儀式的な意味合いが強かったようです。

17世紀からは、酒造家が記録した酒造技術に関した文章が見られるようになり、
その中には、寛文の間に、大阪・京都で酒造の技術が
洗練されていった経緯、記録を残す文書も残されています。
18世紀以降には、さらに多くの蔵元により技術は磨かれ、
益々多種多用な嗜好のお酒が作られ、庶民にも普及していき
日本はお酒大国ともいうべき国になったのです。

このページの上部へ